2018年05月15日

実験①

 昨日、切削音がかなり大きかったので切削条件をイジってみて音の変化を確認してみました。昨日の切削条件としては、エンドミルφ6、回転数10000rpm、送り200mm/min、切込量1.5mm、最適負荷2.4mmですが、ノギスで削り深さを測ってみたら2.2mmあったので(Z基準は捨て板にしており、材料が多少反っている為)その分オフセットして切込量設定値と実測値が合うようにしました。今日は3パターンという事で、①切込1.5mm、最適負荷2.4mm(昨日の条件と一緒ですが、切込量が1.5mm相当)、②切込1.5mm、最適負荷1.5mm、③切込1mm、最適負荷1.5mm。
KIMG0251.jpg

 結果は、昨日>①≧②≧③。昨日より若干音が小さくなった位。この実験時に早々気付いた事としては、ランプ中が一番音が小さいという事。って事は送りが遅い方が音は小さくなると思われ、明日の実験としては②の条件をベースにして送りを変えて見た時の音の変化を確認したいと思います。

実験しながら板厚18→15mmにしていきたいと思います…。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
おっ!と思ったらクリックお願い致しますm(_ _)m


ラベル:切込量 最適負荷
posted by こくう at 22:46| Comment(0) | [CNC] エンクロージャー製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。