2019年07月24日

バキュームフォーム トライ編1

 今日はいよいよバキュームフォームトライをしました。

20190724-1.jpg

 ヒーターを入れて温度が上がるまでフタをして待ちます。

20190724-2.jpg

 とりあえず100℃は越えました。120℃位でまずは1回やっておこうかという事でトライしました。

20190724-4.jpg

 全然ダメでした。まぁ~、それはそうだという事で。バキュームフォーマーの方は問題なさそうです。ちゃんと引けます。次は融点位まで温度を上げていきます。

20190724-3.jpg

 155℃位。何かこの時点で既にダメだよねぇ…。

20190724-5.jpg

 惨敗です…orz

 ここまでの考察ですが、シートへ一様に温度を加えるにはヒーターとシートの距離を限りなく詰める(空間を無くする)必要があると思います。この位置関係で距離を詰めていくと大変な事になるのは言うまでもないでしょう。Vaquformなどの民生品?を見てみるとヒーターが一番上に付いており、その直下にシートという構造になっているので、今回トライを行ってみてそのような構造にする必要があるという事を実感出来ました。
 現時点でなるべく一様にシートへ温度を加えるには、やはり手動で炙るというのが手っ取り早いという結論に至りました。ようつべを見て勉強して再トライをしたいと思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
おっ!と思ったらクリックお願い致しますm(_ _)m
 




posted by こくう at 22:48| Comment(0) | [DIY] 真空成型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

バキュームフォーマー製作(レーザー編)8

 今日はシリコンゴムをシール部に貼り付ける作業をしました。

20190723-1.jpg

20190723-2.jpg

 そして、ダイソーのクリアファイルをA4サイズに切り出します。

20190723-3.jpg

 まずは4枚作りました。材質はポリプロピレン(PP)、熱可塑性樹脂。wikiによると融点が165℃、引火点が300℃との事なので、140~150℃狙いで数十秒待ち位でトライしてみようかなと思っています。そんなに温度が安定するのかどうか分かりませんが…^^;

20190723-4.jpg

 あとは熱加えて引くだけです。型はとりあえずスパナにしておこうと思います。流石にこの時間帯の掃除機は迷惑極まりないので、日を改めてトライします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
おっ!と思ったらクリックお願い致しますm(_ _)m
posted by こくう at 23:09| Comment(0) | [DIY] 真空成型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

バキュームフォーマー製作(レーザー編)7

 お久しぶりです。今日はバキュームフォーマー製作を進めました。バキューム部は既に完成していますが、ヒート部がまだ出来ていなかったので、爪がちゃんと嵌合するようにヤスリ掛けをしました。

20190720-1.jpg

 ヒート部はバラせるように簡易組み立てタイプにしました。

20190720-2.jpg
 
 実際にコンロや温度計をセットして、これでバキュームフォーマー完成!と思いきや、樹脂シートを挟む面やバキューム部との合わせ面に(シール性向上の為)シリコンゴムを貼るのを忘れていました。大概、発泡テープにしているみたいですが、私は無駄にこだわります。
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
おっ!と思ったらクリックお願い致しますm(_ _)m
posted by こくう at 22:22| Comment(0) | [DIY] 真空成型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

うちわ製作9

 今日もうちわ製作を進めました。中央の金魚ちゃんを貼りました。

20190710-1.jpg

 余裕を見て各パーツ2個ずつカットしましたが、この柄はレーザーカットで既に1個ダメにしたので、もう失敗出来ない戦いがそこにありましたが、何とか切り抜けました。じ~っと見ていると、フォ~(←HG)に見えてきました(笑)。

20190710-2.jpg

 表からの画。そこはかとなく不安だ…。水うちわ製作は初めてなので未知過ぎます。最後のニス塗りでミスりそう…。ダミーで試してからやった方がよさそうです。ニス塗りといえば水うちわに使用するニスが判りました。天然由来のシェラックニスだそうです。だから舐めてもOK、ぃゃ舐めないけど…。

 水うちわは岐阜で生まれた伝統工芸品らしく、それに使用する和紙は雁皮紙で美濃手漉き和紙とも言うとの事です。何か美濃に行ったのは必然だったと感じざるを得ません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
おっ!と思ったらクリックお願い致しますm(_ _)m
posted by こくう at 23:31| Comment(0) | [レーザー]レーザー加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

うちわ製作8

 今日はうちわ製作を進めました。

20190708-1.jpg

 プリンターで印刷した紙を敷いてその上に和紙を貼ります。薄っすら透けて見えていますが、これでデザインの位置決めをします。当初は和紙にデザインのアウトラインを彫刻する計画でしたが、その彫刻がちょっと強過ぎて切ってしまうという失態を犯したので、今回のやり方にしました。和紙はデリケートですな…。

20190708-2.jpg

 貼ってみましたが、この激ムズさが伝わらないのが残念です。黒の稜線も和紙なので、ふにゃふにゃしてなかなか狙った所に貼り付ける事が出来ません。ガチッと貼り付いてしまったら、それを剥がすと当然破れます。普通にテンションを掛けてしまうと破れます。アウトライン通りに貼りたかったですが、早い段階で諦めました。

20190708-3.jpg

 内貼りなので外からの画です。ニスを塗ったら和紙がほぼほぼ透明になるので、もっとデザインが浮き出てくると思われます。多分…。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
おっ!と思ったらクリックお願い致しますm(_ _)m
ラベル:水うちわ 和紙
posted by こくう at 22:42| Comment(0) | [レーザー]レーザー加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。