2018年07月26日

4面加工(石灯籠)3

 今日は治具及び表面、裏面の加工パスを生成する為のモデルの制作を行いました。

20180726-1.jpg

 まずは治具です。以前製作した組子で大変お世話になりました桧9mm厚の板に3mm彫り込んでそこにワークをハメるという簡単なモノにしました。画像は黒いですが一応桧です。もちろんワーク裏面に両面テープを貼って固定します。

20180726-2.jpg

 底面はワーク中央より0.5mmだけ低く設定しています。裏面も同じように加工した時に確実に貫通させる為です。あと、良く見ると分かりますが、灯籠側面などアンダー部をわざわざ埋めています。昨日制作したモデルをそのまま配置しても良いとは思いますが、加工後の形状とモデルがなるべくイコールになるようにしています。まだまだ小童なので、加工後の形状を完全にイメージ出来るように…という訳です。懸念項目としましては、一番下の空間が狭く(3mm)、切子が溜まりそうなので途中止めてバキュームした方が無難かなと感じました。

明日は早速治具を削っていく予定です。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
おっ!と思ったらクリックお願い致しますm(_ _)m


ラベル:
posted by こくう at 21:56| Comment(0) | [CNC] 石灯籠(4面加工) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。