2019年02月21日

エンクロージャー製作8

 今日もエンクロージャー製作を進めました。

20190221-1.jpg

 Φ4Fエンドミルパート(負荷制御、ボア)が終わりましたが、一部パックマンみたいになってます。たまたま様子を見に行ったら、USB接続が切れて暴走していたので急いで止めに入った痕跡です。切込量が半端ない…。エンドミル折れなくて良かったです。USB接続遮断問題が解決してなくてガックリです…orz。引き続き原因を探って行きたいと思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
おっ!と思ったらクリックお願い致しますm(_ _)m


posted by こくう at 23:15| Comment(3) | [CNC] エンクロージャー製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
3D加工の記事を「すごいなぁ」と感心して拝見しております。モデリングがサクサクできるのもすばらしい。もしかしてお仕事がそっち系だとか?
私もようやく少しですがFusion360でデータを作れるようになってきて、3Dの切削も試し始めているところです。

USBの切断ってのはいやらしいですね。
早く原因が特定できることを願っております。

2、3質問が。
加工時間がかなり長時間の加工をされていますが、夜間等で放りっぱなしでの加工ですか?

あと、木材を4mmエンドミルで加工する際の速度と切込み深さはどの位でやられていますか?これは機械の剛性による所が大きいと思うので、そのまま右ならえはできないですがご参考までにお聞かせ願えたら。
Posted by ita at 2019年02月22日 08:36
>itaさん

こんばんは。お久しぶりです。

お察しの通りそっち系の仕事もしています。
Fusion360始めたんですね。無料で出来るので本当に素晴らしいですよね。負荷制御が出来るCAMって高額のイメージがあるので(通常のCAM自体も高そう…)、Fusion360の登場により大分CNC加工の敷居が低くなったような気がします。

>加工時間がかなり長時間の加工をされていますが、夜間等で放りっぱなしでの加工ですか?
音がほぼ出ないΦ1以下のエンドミルでの加工は夜間放りっぱなしで加工する時もあります。木材など大きな音が出そうな場合は2~4時間で終わるような加工パスを制作して、刻んで加工していくような形を取っています。

>あと、木材を4mmエンドミルで加工する際の速度と切込み深さはどの位でやられていますか?これは機械の剛性による所が大きいと思うので、そのまま右ならえはできないですがご参考までにお聞かせ願えたら。

今回の4mmエンドミル(負荷制御)の設定は回転数が15000rpm、送りが240mm/min、切込量が1.5mmに設定しました。ポケット加工だとエンドミルに掛かる負荷大きくなるので、切込量を1mm、送りも150mm/min位に下げて音を聞きながら調整すると思います。基本的にビビりなので、時間が掛かっても良いのでなるべく音が出ないエンドミルに優しい削り方を
しています。

参考になれば幸いです。
Posted by こくう at 2019年02月25日 00:11
回答いただきありがとうございます。
やっぱり「音」を聞いて判断されているのですね。私も音には敏感に反応してます。同じなんだな、と安心しました。

それと製品版のCNCというのは装置に対する安心感がありますよね。自作品はその点いまひとつ不安がぬぐいきれずにいたりします。たまに稼働中に買い物へ行く事もありますが、早々に帰って来て煙を吐かずに無事に動いていると安堵します。(笑)

Fusion360、あの機能が無償で使えるというのはありがたい限り。途中で「有償になりました」なんて事にならないように祈りたいですね。(^^;





Posted by ita at 2019年02月25日 20:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。